ゆらりの家づくり

家づくりのこと、暮らしやインテリアのこと、そして時々音楽のこと。。。のんびりと綴っていきます。
「奥ゆかしさと温もりのある家」実施設計図提出

実施設計図1式が完成しました!より詳細な図面をもとに建主さんとじっくり打ち合わせをして、気になる点を解消していきます。部分的に気になったところを家全体のバランスや機能を考慮しながら修正することで、暮らしが始まってからじんわりと暮らしやすさや心地よさが感じられる満足度の高い家をつくることができます。建主さんにしっくり馴染む家になるように最終仕上げをして、工務店へ見積もり依頼を行います。

| 奥ゆかしさと温もりのある家(project-i) | 11:15 | - | - | pookmark |
「庭とつながる家」地鎮祭

 

ついにこの日を迎えました!この土地に家を建てられることに感謝をして、工事の無事を祈る地鎮祭が行われました。近隣へのあいさつ回りも済ませ、清々しい気持ちでいよいよ着工です。「庭とつながる家」がつくられていく過程と完成が楽しみです!

| - | 10:34 | - | - | pookmark |
「緑あふれる癒しの家」コンセント・スイッチ現場確認

 

工事は順調に進んでいます。

 

 

現場で建主さんと一緒に、コンセントとスイッチの位置を確認しました。

デスク周りや、キッチン家電用のコンセントなどは実際の位置に立って、位置決めすることでイメージがつきやすくより使いやすい位置に決めることができます。

 

 

梁現しの天井に、大工さんが色のバランスを考えながらレッドシダーの板を施工してくれました。無垢板ならではの色味の違いがいい味を出しています。建主さんご夫婦も「早く住みたい!!」と嬉しそうでした。

| 緑あふれる癒しの家 | 15:52 | - | - | pookmark |
「緑あふれる癒しの家」外壁下地工事 内部造作工事



外壁塗り壁の下地になる木摺りの施工が完了しました。

木摺りは温度差による伸縮を繰り返した後に落ち着いてきますので、なるべく早い時期に施工することで塗り壁のひび割れ対策のひとつになります。軒裏に板が張られて良い雰囲気が出てきました。
 


内部は隠蔽部の設備配管が完了したので、断熱材の充填と天井の造作工事を進めています。
| 緑あふれる癒しの家 | 15:07 | - | - | pookmark |
住まいの設計NO.673 「自然体で暮らす平屋」

 

住まいの設計(扶桑社)2017.11→12月号に「自然体で暮らす平屋」を掲載して頂きました!

 

<巻頭特集>自然とつながる家づくり 光と風、緑を取り込む家で紹介されています。

南北に庭を設け、住宅街でありながら風通しが良く、緑に囲まれる暮らしを実現した家です。誌面から心地よさが伝わってきます。

| 掲載誌 | 15:44 | - | - | pookmark |
「奥ゆかしさと温もりのある家(Project-i)」模型提出

 

模型が完成しました!建主さんが家づくりをするうえで大切にされている奥ゆかしさと温もりという言葉を入れて、家のタイトルは「奥ゆかしさと温もりのある家」に決まりました。玄関ポーチの外壁は焼杉張りの予定。シンプルなデザインに和の雰囲気を取り入れた奥ゆかしい佇まいです。

 

 

緑をたくさん取り込む大開口とウッドデッキが気持ち良い南側。

家の完成が楽しみです!

| 奥ゆかしさと温もりのある家(project-i) | 12:06 | - | - | pookmark |
「緑あふれる癒しの家」中間検査

 

 

 

屋根葺き工事、構造金物の設置が完了したので、悠らり、構造設計士、第三者機関による中間検査を行いました。

屋根の施工、耐力面材、金物等の設置の検査を行い、問題なく合格しました。

次は設備配管、外壁下地の施工に進みます。
| 緑あふれる癒しの家 | 16:53 | - | - | pookmark |
「緑あふれる癒しの家」建前


 

建前を行いました!

家が一気に建ちあがって、「一日見ていて、面白かったです!」と、建主さんご夫婦。とても嬉しそうでした。
 


 

バランスの良いきれいなフォルムで建ちあがり、これからが楽しみです!

「何気なく要望を伝えたら、すべて叶ったね」とご夫婦。大工のおじいさんが材料にこだわって建てた家に住んでいるご両親からも「柱も太くて、丁寧な仕事で安心しました」と、嬉しい感想を頂いて三位一体(建主さん、工務店さん、悠らり)で行う家づくりの醍醐味を味わいました。皆さん、ありがとうございました。
| 緑あふれる癒しの家 | 15:29 | - | - | pookmark |
「緑あふれる癒しの家」基礎工事

 

悠らり、構造設計士、第三者機関による配筋検査を行いました。

耐震等級3を基準に設計した基礎配筋の径とピッチ、継手長さ、人通口の補強筋等を検査します。
検査は問題なく合格したので、型枠を組んでコンクリート打設を行いました。
 

 
コンクリート打設後、養生期間を経てから型枠を外して基礎工事の完了です。
次は建前に向けて、土台を伏せて足場を組んでいきます。いよいよですね!
| 緑あふれる癒しの家 | 15:52 | - | - | pookmark |
「ゆるやかに暮らす家」お引渡し

 

建主さん、工務店さん、ゆらりの3者で建主さんの想いをカタチにした家が完成し、お引渡しを行いました。「老後をゆるやかに暮らすための心地よくて暮らしやすい家を建てたい!」と事務所を訪ねてくれた建主さん。あれから1年半、途中で何か起こっても3者で協力することでよりよい方向へと進み、この日を迎えました。「巡り合えてよかったです!」と建主さん。私たちも建主さんご家族と一緒に楽しく、充実した家づくりができたことが嬉しいです。

| ゆるやかに暮らす家 | 14:05 | - | - | pookmark |
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE